2015年06月04日

お茶摘み〜その後レポ〜

先日の新月のお茶摘み体験では、その日に摘んだ茶葉を
お土産にたっぷりといただきました。

我が家では次の日、舞茸と桜エビと一緒にかきあげにして
みんなでおいしくいただきましたexclamation×2

image3.jpg


また、その後21日にはもう茶葉が加工されて人数分届きました!
さっそく美味しくいただいていますわーい(嬉しい顔)

image2.jpgimage1.jpg

満月のお茶の新茶ができあがったら、このお茶と自宅でも飲み比べしてみます!

樽脇園さん・匠の会さんありがとうございました!
また来年もぜひ参加させてください♪


★最新情報はこちらから

<お茶の樽脇園 facebook>
https://www.facebook.com/taruwaki.en

<天竜TS匠の会HP>最新情報は「新着情報」から
http://www.ts-takumi.com/


posted by 匠 at 16:00| 子育てママさんレポ

2015年06月02日

新月のお茶摘みレポ

先月行われた「新月のお茶摘み」に行ってきました!

去年の体験の良さとお茶の美味しさに両親も感動し、リピーターとしてふたたび家族7人での参加です♪


当日は、向かう道のりはずっと雨。ちゃんと体験できるか不安になりつつ、去年見た崖崩れ現場に立ち寄りながら会場へ向かいます。だんだんと天気も回復し、樽脇園さんに到着と同時に晴れ模様となりほっと一安心。その後日差しもやわらかく、絶好のお茶摘み日和となりました!

こちらの茶園は無農薬・有機栽培をするために標高の高いところで栽培を行っているのですが、どうやら私たちのいる場所はスカイツリーより6mほど高いところらしいexclamation&questionそんなお話を聞きながら、最初に作業所内で、普段は見られない製茶機械を見学しました。見たことない大きな機械に、大人も子供も興味津々です。今日は茶葉がながれていなかったのがちょっと残念。(去年は製造中で面白かった!)

自然に囲まれ気持ちの良い空気の中お茶摘みのレクチャーを受け、さぁいよいよお茶摘み体験の始まりです!
茶葉の先端から三番目ぐらいまでを摘み取っていきます。茶葉をさわるとしっとりツヤツヤで気持ちよく、ぷちっと摘み取る感覚はとっても気持ちいい黒ハート
参加者の中には去年も参加された方もいて、慣れた手つきで摘み取っていました。ひとつひとつ摘む人や、数本を一気に摘む人…手つきも取り方もいろいろですわーい(嬉しい顔)

ocha20150516-1.jpg ocha20150516-2.jpg



こちらのイベントもうひとつの楽しみといえば…もちろんおいしいもの!

作業中に出される新月と満月の冷茶はとってもおいしい黒ハート新月はすっきりと飲みやすく、満月はじっくり味わう感じかな?何度飲んでもおいしいです。

今回は特に感動したのが、茶葉がたっぷり入った「シフォンケーキ」黒ハート樽脇園さんの茶葉と、シフォンタイムという店舗を持たないが最高のシフォンを作る職人さんのコラボレーション商品だそうです。ほかにも作業中には「おがりんとう」や「おがってぃー」がふるまわれました。どちらもおが粉の粉っぽさや木の香りは気にならず、とてもおいしかったです♪


そしてお昼ご飯はおたのしみの「山菜のてんぷら」と「おでん」!
山菜はタラの芽などメジャーなものからイワタバコなど珍しいものまで。子どもにはちょっと大人味のものが多いですが、全部おいしくいただきました。(余った分はお持ち帰りも!)


体験とお食事で身も心もしあわせ。。。
さらに帰りには今日摘み取った茶葉をたっぷりとお土産にいただきましたよ〜〜ぴかぴか(新しい)



その後、樹齢1300年の春埜杉まで案内していただき、パワーをたくさんもらって今日の体験ツアーは終了。


今年も子供たちと一緒にたくさんよい体験ができました。
来年は家族に加え、お友達も呼んでぜひまた参加したいと思います!




posted by 匠 at 03:37| 子育てママさんレポ

2015年05月03日

植林ツアーレポ2015A

さて、作業が終わるとお楽しみの昼食です!今回も匠の会名物「しし鍋」をはじめとした山の幸がいっぱい!今回はじめて出たのがタラの目の炭焼き。しょうが味噌をつけてたべてみると…う〜ん、ニガうま!春の香りが口いっぱい広がります。

shokurin03.jpg

いろいろ食べておなかが落ち着いた頃、おが粉の入ったかりんとう「おがりんとう」の試食とおが粉入りのお茶「おがっティー」がふるまわれました。おがりんとうはヒノキとスギの二種類。スギはさくっと香ばしく、ヒノキは硬いけれど木の香りがふわっと鼻を抜ける感じで想像以上においしかったです。おがっティーもすっきりしてとても飲みやすく、おいしかったです。おがっティーについては花粉症に効くのか100名ほどの試飲モニター調査を行っているとのこと。私も軽く花粉症があるので結果が気になるところです。

去年と同じく、みんなが昼食をしている間、娘たちは早々に切り上げてやはり山の斜面で土だらけで遊びまくり!今回は着替えはもちろん、ソリも持参。こんな山の中の、こんな大きな土の斜面で遊ぶことはめったにない機会なので、思いっきり遊んできました。

shokurin04.jpg

昼食が終わったら片づけをして山を降ります。今日は私はあまり植えられなかったけど、苗ちゃんたちがすくすく育ちますように!今日もお祈りして山を後にしました。今回は用事があったため私たちはここで帰らせていただきましたが、皆さんは「水窪の製材所」と「樹齢1300年の春埜杉」に別れ、夕方までそれぞれ楽しまれたと思います。

木を植えるだけではなく、これからあの苗たちが大きく、使える木になるにはたくさんの手間と時間がかかるそうです。いつもドライブで通り過ぎるだけだと気づかないけれど、あの青々とした天竜の山にはたくさんの人の知恵と努力があるんだなと、植林を体験するたびに感じます。

匠の会の皆様、いつも素敵なイベントありがとうございます。子供たちにも、この体験を通じて、山・自然・環境などにもっともっと興味を持ってもらえたらうれしいなと思うので、これからも自然の魅力いっぱいのイベントよろしくお願いします!《記事:たかば》

今回のツアーでごちそうになった
★おがっティー(40g入) 1000円(税抜)
★おがりんとう 桧・杉 各250円(税抜)

気になる!という方はTS匠の会事務局までご連絡ください!
posted by 匠 at 23:16| 子育てママさんレポ

植林ツアーレポ2015@

ずっと続いた雨も上がり、晴天の4/18(土)、私たちは今年も天竜T.S.匠の会主催の「植林ツアー」に参加してきました。今回は用事で不参加の主人に代わり、私の両親も含めて6人での参加です。

例年通り、朝九時半に天竜区横川の「榊原商店」に集合。早めの受付を済ませうろうろしていると、「そこに12月に切った木が来ていますよ〜」と教えていただきました。自分たちが伐採した木が山から降りてきて、またここで会えたというのがなんだかとってもうれしい。

続々と参加者が集まり、受付・説明を受けていよいよ植林場所へGO!途中、大きな天狗でトイレ休憩をはさみ、車一台通れるほどの細いトンネル(今回は自分の運転なのでどきどき)を抜け、山道をひたすら登っていきます。

今回の植林場所は、去年と同じところ…ということは去年植えた木の成長が見られる!!!どきどきしながら見に行くと、去年植えた木たちは長女のが一番大きく育ち、ほかの木も新芽を食べられつつも枯れずにがんばっていました。わが子たちと共に、もっともっと大きくなってほしいなぁ♪

shokurin01.jpg

木の成長を見届けたら、さぁ、今年も植林の始まりです。
まずは木の種類、植え方などを教えていただきます。すべての苗には、天然ハーブの忌避剤をかけてあり、鹿などに若芽を食べられないよう手をかけて用意されています。一通り説明を受けたらいよいよ植林の開始!今日は一人当たりのノルマが7本!みんな気合が入ります。…が、この日のわが息子の機嫌の悪さMAX!!私は抱っこ抱っこでろくに植えられず、その代わり両親が穴を掘りまくってくれました!さすが農業やってるだけあって頼りになる(笑)

息子を抱っこしながら、掘った穴に、苗の新芽が斜面を向くように気をつけて植えていきます。土をかぶせたあとに、しっかりと踏み固めるのも大事な作業。全部済ますには結構な重労働です。でも林業家は一日で100本以上植えて一人前になるそうで…「すごい」の一言。

shokurin02.jpg

だんだんと木が植えられていき、最初は地面しか見えなかったところに、若々しい木々が植わっていくのはすてきな光景です。こんなに景色のよい場所に、さんさんと太陽の光を浴びて、自分で植えた木が育ってゆくなんて考えただけでもとてもうれしいと思いました。

つづく

posted by 匠 at 23:15| 子育てママさんレポ

2014年12月31日

与作ツアー2014 体験レポートA

ミシミシミシ…バリバリバリ!!!ドシーーーーン!!!!!!!!

雷のような音とともに、大きな木が倒れてく様子に子どもたちもじっと見入ります。

毎回下から見るだけだった倒木の瞬間。間近で見た迫力はやっぱすごい!感動しながら、倒れた木を眺めていると、再び皆さんから「お誕生日おめでとー!!!」の声をいただきました。こんなにお祝いされた誕生日は初めてで嬉しい!ダブルで感動。。。。

DSC06228.jpg DSC06238.jpg

伐採後は木に好きなメッセージと名前を書き、記念撮影。せっかくの記念なので、今回切った木は製材して我が家に嫁入りをお願いすることに決定しました。大きめの木だったので、幅30cm位の板材をとることができるそうです。さて、なんにしようか…ままごとキッチン、すべり台、机…夢が広がります。希望があれば、お家を建てる方は柱など、自分の使用目的での製材を注文できます。流通経費を省けるので、最高の材料をお得に手に入れるチャンスでもあります。


さて、次はお楽しみの山のランチタイム!
我々夫婦が毎回最も楽しみなのはやはり“しし鍋”。寒空の下、暖かいしし鍋はじんわりと体に染み渡り最高。1歳半の長男も猪の肉にかぶりつきます。娘たちの今回のお気に入りは炭火焼のさんま。普段から魚好きではあるものの、すごい勢いでさんまが骨になっていきます。美味。そのほかにも肉厚のしいたけ、水窪のじゃがいも、三ケ日のミカンなど…たくさんの美味しいものを堪能しました。
ill-002.jpg


その後、車で一時間ほどの水窪の製材所へ見学となっていましたが、私たちは予定があり参加できず、ここで帰宅となりました。製材所は過去に何度も見に行っていますが、行くたびに新しい発見があり、子どもたちも大好きです。次回はぜひお邪魔したいと思います。


今回は誕生日という記念もあって、二倍楽しい伐採体験となりました。実際体験した子どもたちは、家に帰っても祖父母に興奮気味に話したりと、非常に良い経験になったと思います。やはり見るだけなのと、実際に体験するのとは全く違うもの。今回の経験が、自然への興味関心や、ものに対する思いにつながれば親としてはうれしいです。

次回の開催は2月14日(土)予定。
興味のある方は、ぜひ一度足を運んでみてくださいね!人生を変える経験になるかも?
posted by 匠 at 21:00| 子育てママさんレポ