2014年11月18日

パンのカビ実験 〜コニシ建築設計事務所様よりの報告〜

あっという間に、寒い日が増えましたね。
月齢伐採にぴったりの季節です。

さて、今回、匠の会会員の「コニシ建築設計事務所」様より
パンのカビ実験の報告が入りましたのでUPします!

〜実験報告〜
先月25日よりいただいたおが粉を使ってパンカビの実験を行いました。
ご参考までに今回はその経過状況をご報告させていただきます。
写真だと分かりにくいため、下記にも経過状況を補足いたします。

14.10.25.JPG
■使用したパン:手作りで防カビ材など入っていない食パン

□杉ナシ
 5日目→黒〜青系のカビ発生
(もしかしたら、白系のカビはもっと早くから発生していたかもしれません…)

□人工乾燥杉(高温乾燥)
14.11.05.JPG14.11.05人乾.JPG
 9〜10日目→白系のカビ発生(写真だと非常にわかりにくいのですが…)

14.11.08.JPG
 14日目  →黒〜青系のカビ発生

□天然乾燥杉
14.11.10.JPG
 18日経過した現時点でも、目視する限りはカビ発生無

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


見た目からもカビの生え方の違いがわかりますね!

「わたしも実験してみたい!」という方がいらっしゃいましたら
ぜひ天竜TS匠の会事務局までお問い合わせくださいね!



▼今回実験していただきましたコニシ様のHPはこちら

株式会社コニシ建築設計事務所
konishiarchitect office
http://www.k-arch.jp/

posted by 匠 at 06:35| 木について

2014年09月25日

天然乾燥材〜食パンのカビ実験C〜

2012年04月19日

一応、まとめたあの実験ですが、なんだかんだでまだそのままになっております。
まぁ、この危ない箱を開けたくない!って理由もあるのですが。
ともかくほっといたら、ようやく杉板に入ってたパンもカビが発生しました。
まず、初めにすっごいことになってた方の写真を。



食事中は見ない方がいいかもです。



一応、間を空けますね

pan_jikken8.jpg

とりあえず、モザイクをかけてみました。・・・ではなく実験の開始から1か月半が経過し、気温も上昇したため、結露がひどいことになっています。
このときの温湿度計は温度22度の湿度83%です。

んで、この次が・・・でろ〜んな写真です。

pan_jikken9.jpg

前回、写真と比較すると腐食が進んでますね。

とまぁ、こちらは主な変化は特にないですが、問題は杉板が入った方です。

pan_jikken10.jpg

こっちは視界良好。湿度は若干高めですが、杉板効果で結露はありません。
パンも見ると変化が無いように見えますが、、、

pan_jikken11.jpg

黒丸部分にカビが見られます。
・・・でもまだ、ちょこっとだけです。
まぁ、自然の摂理なので、このままカビが生えなかったらそれはそれで不気味ですし。
防腐剤塗りましたと思われても嫌ですので、これで良かったとことで。

以上、今回は私なりの実験でしたが、
これからいろいろな場所、条件で実験していきたいと思います。
専門家の方はもちろん、一般の方でも
ご協力いただける方はぜひ!ご連絡ください^^

posted by 匠 at 16:16| 木について

天然乾燥材〜食パンのカビ実験B〜

2012年03月30日
実験のお話し(とりあえずまとめ)

こちらのブログで2回(パンの実験、あれから一週間経ったけど)に渡って、実験について書き込んできましたが、結果として結局、杉板が入った方はパンがカビませんでした。
あ、ここから先はお食事中の方はあまりおススメできませんので、あしからず

pan_jikken5.jpg
まずは全体図
前のブログアップから2週間以上経過しております。
実験開始から大体ですが、一か月程経過しております。

ここから右側のアップになり、衝撃写真となります。
人によってはパンがたべれなくなってしまうかもしれません(汗)



いいですか?



本当にいいですか?



・・・むしろ、モザイクを掛けた方が・・・前置きが長すぎるか。。。



一応、いろんな衛生上間をあけましたが、こちらです。

pan_jikken6.jpg

脅した割に大したこと無いって思ってらっしゃる方もいるやもしれませんが、前よりカビがだいぶ増殖しました。
それに平行して、パンの腐食が進み、一部が溶けてきております。
湿度は高い状態を維持して80%ほどです。
ちなみに1週間前から既に、中においてあった水入りのコップは外してあります。

そしてもうひとつ。

pan_jikken7.jpg


もう片方の天然乾燥の杉板が入った方です。
カビは見られません。
実際、このパンを手に取って触ってみたりもしました。
見た目では問題なく食べれますが、さすがにちょっとだけ変な臭いがしましたので食べてはいません。
パンの硬さはある程度は乾いていましたが、ラスクのようにカリカリに乾いてはなく、多少しっとりとしてました。
こちらも、一週間前に水の入ったコップを抜いております。
ですが、こちらも湿度は低くはありません。


こちらの実験は、今度規模を拡大して行う予定です。
実験に使う板を5種類に増やして、N数の確保で合計30の箱を用意して、更に新聞会社と大学に協力をしてもらって行う予定で準備を進めております。

また、実験を始め次第、こちらでもUPできたらと思います。

posted by 匠 at 16:04| 木について

天然乾燥材〜食パンのカビ実験A〜

2012年03月14日

前回のブログを書き込んでから、1週間経ちました。
パンの実験はそのまま継続(放置?)しております。
ま、とりあえず写真を見てくださいませ。

pan_jikken4.jpg

右側の杉板が入ってないパンはあの後、カビが繁殖して、某アニメみたいな感じになっておりますが、左側の杉板(天然乾燥)が入ったパンは実験を始めてから2〜3週間経過していますが、カビが発生していません!
湿気は70%以上あり、温度も20度前後あるので、普通ならもうカビルンルン♪になってもおかしくないと思うのですが。。。

「この結果から杉には防腐効果があります!天然乾燥の杉なら尚更です!!」
と言えたら、いいんだけどな。(あくまで願望です)

とりあえず、左側のパンがカビるまで実験は続けていきます。
posted by 匠 at 15:54| 木について

天然乾燥材〜食パンのカビ実験@〜

過去に行ったカビの実験記事をいくつかに分けてUPします。
面白い実験なのでぜひご覧くださいね♪

〜〜〜

2012年03月07日

お世話になっているエコ建築考房さんからこういった実験をやったらおもしろい結果が出たよと聞き、早速実験しました。
実験とは密閉した水槽を2つ用意して、水の入ったコップと食パンを入れます。
違いは片方だけに無垢材を入れて、吸湿性を見るというもの。
話だけだとわかりずらいので、とりあえず結果を含めて、写真を。

pan_jikken1.jpg

違いとしては左側には天然乾燥の杉板が数枚入っています。
どちらも過酷な条件だったので、結露が発生しています。
ですが、杉板を入れた方がやはり結露も湿気の数値も少ないです。

これをアップした画像がこちら

pan_jikken2.jpg
pan_jikken3.jpg

写真撮影の邪魔になるので全面の結露は軽く拭きました。
結果として同じタイミングで入れた食パンですが、杉板が入ってない方はカビが発生しています。
杉板を入れた方はカビは見られません。

結果としてはやはりという感じです。
これは当たり前の結果ですので、今後は合板や高温による人工乾燥杉材と天然乾燥杉板で比較実験をしていきたいかなと思います。

余談
湿温計の後ろに見える白い物体は餅です。
posted by 匠 at 15:50| 木について