2014年06月08日

新月のお茶摘み体験レポ(その2)


月のお茶をいただいてからもう少し、またみんなお茶摘みの作業へと戻ります。みなさん手つきも慣れたもので、大きなかごの中にはみんなが摘んだお茶の葉がいっぱいです!!!これが飲めるように製茶されて届くなんて、贅沢グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

さて、お茶摘みが終わると、次のお楽しみイベント「山菜御膳」の登場です!!

DSCF6613.jpgDSCF6610.jpg

目玉はやはり初体験の「お茶葉のてんぷら」揺れるハートお塩をかけていただきます♪♪♪
ほんのりと苦味があり、お茶の香りがほのかに口の中に残ります。美味しい…黒ハート

そのほかにも、この日は

★タラの芽・ヨモギ・ウド・イワタバコ・サツマイモのてんぷら
★ワラビのお浸し
★ワラビの佃煮
★イタドリのナムル(?)
★にんにくの芽の佃煮
★おでん         などなど…

食べきれないほどたくさんの山の幸をいただきました!私のお気に入りはイタドリ。そのままだと酸味が強いので、酸っぱさを抜いてから調理するそうです。おなか一杯で幸せもいっぱいですハートたち(複数ハート)(我が家は残った分は持って帰らせていただきました^^ヤッター)


子供たちはお昼ごはんよりも山の虫たちに夢中!?
娘が何か持ってきたと思ったら「ナナフシ」の赤ちゃん。
DSCF6620.jpg

山のイベントでは普段下町では見られない虫に出会えるのも魅力です。


さて、おなか一杯になったら今度は製茶工場の見学です。

DSCF6623.jpgDSCF6629.jpg

工場の中に入った途端、お茶の香りがブワァっと広がります。
こんなにお茶の香りに囲まれたのは生まれて初めて!!

飲めるお茶にするまでには茶葉を蒸したあと、熱風で乾かしながら揉んでを何度も何度も繰り返すそうです。昔は手でやっていた作業ですが、いまでは機械が上手にやってくれます。お茶葉がコンベアーに乗って運ばれていくのを見て娘が「お茶の遊園地だ〜」と大喜びわーい(嬉しい顔)自分たちが普段口にしているものがどのように作られているのか、実際に見ることができてよい経験になりました。


お世話になった樽脇園さんを後にし、次は再び訪問の「春埜杉」へ出発です。


40分ぐらいの道のりの間、道には大きな岩がごろごろ!今朝がけ崩れを目の当たりにしたのもあって、とってもスリリングな道のりにみんなドキドキあせあせ(飛び散る汗)


前回も見た樹齢1300年の春埜杉ですが、陽がさして葉っぱがきらきら輝き、1か月前とはまたちがった姿を見せてくれました。ここにくるだけで心が引き締まります。

前回の様子は こちら から。


子供たちの大きさと比べても、なんと大きいこと!!
DSCF6645.jpg

裏側には“トトロの穴”を発見exclamation×2
DSCF6660.jpg

自然のパワーをいっぱいもらって帰りました。
これで家事も育児も仕事もがんばれそう!?


今回も、沢山の初体験をして、家族みんな大満足の一日でした。
普段何気なく生活のなかでしていることも、自然のサイクルやだれかの仕事によって成り立っているのだなぁと、毎回参加して思います。子供たちにとってもすべてが大切な思い出となっているようです。

今回も色々と勉強させていただきありがとうございました!
次のイベントも楽しみにしています!!

<記事:たかば>


★今回お世話になった方々★

<天空の郷での無農薬・有機栽培茶製造販売>
樽脇園
静岡県榛原郡川根本町下長尾1766
TEL&FAX 0547-56-0360
Mail: organic.kawane@gmail.com

<山菜御膳を用意してくださった>
山小屋ケルン
http://f-koten.jp/shop/521

●木から選べる家づくり 天竜T.S.匠の会
 ホームページ http://ts-takumi.com/
 ブログ http://www.ts-takumi.com/news.html
●Facebook天竜t.s匠の会」いいね!してね☆
posted by 匠 at 17:37| 子育てママさんレポ