2014年06月08日

新月のお茶摘み体験レポ(その1)

先月24日、私たちは川根本町の樽脇園さんで行われた「新月のお茶摘み体験&山菜御膳」ツアーにいってきました!今回は義両親も連れての7名での参加です。


8:30に横川の榊原商店へ集合した後、まず向かったのは…
去年全国的に話題となった「春野町の茶畑大規模崩落現場」です。
DSCF6514.jpgDSCF6505.jpg
http://www.at-s.com/news/detail/618044969.html
参考:静岡新聞のまとめ記事


ニュースでは何度も見ていましたが、実際の現場はなんともいえない迫力が。

遠目でみるとどれほどの規模かわかりにくいのですが、斜面で命綱をつけて作業している人たちを見るとその広さがわかります。今年4月にもまた崩落があったそうで、住民の方々も気が気ではないと思います。作業員の方々も気を付けて頑張ってください(>_<)!!


その場を後にし、30分ほどで今回の会場「樽脇園」さんへ到着。
説明を受けたあと、それぞれに腰にカゴをつけて茶畑へ出発です。
DSCF6530.jpg

お茶摘みのレクチャーを受けて、さぁスタート!ドキドキ。
新緑の黄緑色がまぶしいほどに輝いていて、茶畑にいるだけでパワーをもらえるような気持ち良さがあります。

柔らかくてツヤツヤした新芽は力を入れなくてもポキッと気持ちよく摘み取ることができます。これがまた、なんだか気持ちいい!!!「ストレス発散になるわぁ〜」という声もわーい(嬉しい顔)お茶の葉はそのまま嗅いでもあまりにおわず、作業後の指からはホワ〜っとほんのり香る感じ。これがどのように飲めるお茶になっていくのか…工場見学も楽しみです。


DSCF6568.jpgDSCF6551.jpg

ほとんどの方がお茶摘み初体験とのことでしたが、だんだんとコツがわかってくると、スピードがアップ!
お茶の葉っぱが腰くらいの高さなので、子どもたちも調子よく摘んでいくことができました♪(大人は腰にクる人続出www)

あとでてんぷらになる予定の生の茶葉を、長女が一足お先にパクリキスマークと食べて「ちょっと苦いけどおいしいよ〜るんるん」と喜んでいました。さすが緑茶大好き娘。

DSCF6562.jpgDSCF6583.jpg


さて、休憩にはこちらで採れた「新月のお茶」と「満月のお茶」の飲み比べ。

DSCF6570.jpg

キンキンに冷えたお茶がめっちゃくちゃ美味しい黒ハート黒ハート黒ハート

新月のお茶はさっぱりとして子供に大人気!
満月のお茶はコクと渋みがあって大人に人気!
同じ条件で育って淹れたお茶なのに、収穫時期でこんなにも違うなんてexclamation×2
やはり月と植物にはいろいろな関係があるんですね〜本当に不思議。
ずっと匠の会さんのイベントに参加させてもらっていると、カレンダーや夜に出ている月をチェックしたり、満潮干潮など自然の流れに非常に興味が出てきました。そんな中で生かされている私たち。


そういえば、この日の参加者の中にいた静大の学生さんたちがこれからこの植物と月の関係をテーマとして研究されるそうです。う〜ん、非常に興味深い!そしてできることなら一緒に研究したい(笑)匠の会も関係しているそうなので、また情報を楽しみにしています^^


Aへつづく <記事:たかば>
posted by 匠 at 13:05| 子育てママさんレポ