2013年05月05日

植林ツアー2013 体験レポート@

桜も終わり、藤の花が美しく咲く季節。ちょっと天気が心配な4月20日(土)、私たちは天竜T.S.匠の会主催の「植林ツアー」に参加してきました。前回の伐採ツアーでは下の娘が発熱による欠席で3人でしたが、今回は元気に家族4人全員で参加することができました。私は妊娠9か月のお腹を抱えての参加です。

天気予報では昼ごろから天気が崩れる…との予報。朝の時点では雨は降っていないものの、とっても寒い!!幸い子どもと私は冬の上着を持っていましたが、夫は薄手の上着しかなく。。。なんとかあれこれ中に着込んで落ち着きましたが、山の空気は本当に違うので、要注意です。
20130420-01.jpg



朝9時半に天竜区横川の「榊原商店」に集合。今回は東京からのバスツアーもあり、ツアー参加者の方々は朝の6時すぎに東京を出発、10時過ぎに到着しました。
その間、榊原商店の榊原代表より「同じ木を新月と満月で切ったもの」や「パン・餅を入れた新月材と普通の建材でのカビの実験」等、新月伐採・天然乾燥材の効果や魅力についていろいろと説明をしていただきました。

受付や一通りの説明を受けた後、自家用車または匠の会メンバーの車で植林場所へと移動になります。まずは一般道路を30分。その間、山の斜面に藤の花がきれいに咲いていましたが、林業家たちの間では「藤の花が咲く山は手入れがされていない」という目安になるとのこと。手入れがされていれば、藤のようなツルが木を覆うことはないそうです。勉強になります〜!

20130420-03.jpg

その後秋葉ダム近辺から山道へと入ります。「静岡県棚田等十選」にも入る茶畑を見上げながら、くねくねぼこぼこの道を30分。臨月間近の私には超スリリングな道のりでしたが、匠の会の皆さんで車や運転にとても気を使ってくださって、無事到着。ありがとうございました〜!

ついた先に広がるのは絶景の山々!この日はあいにくの曇りでしたが、晴天時には遠く遠州灘まで見渡せるそうです。足元は結構な斜面です。
20130420-06.jpg



今回の参加者は住宅会社さんのグループも含め約80名!スギとヒノキ合わせて250本の植林を行います。この苗には天然ハーブでできた、木にも自然にも人にもやさしい「忌避剤」がかけられていて、若芽が鹿などに食べられるのを防いでくれるそうです。苗にまでちゃんと手間がかかっていることに感心。これはちゃんと植えなくては!と気合が入ります。
posted by 匠 at 01:58| 植林ツアー