2014年12月31日

与作ツアー2014 体験レポート@

2014年12月13日、私たちは今年も家族全員でTS匠の会主催の“与作ツアー”に参加してきました。雨や雪が心配されていましたが、天気も持ち、今回もたくさんの方が参加の大盛況。実はこの日は、長女の八歳の誕生日。いままで何回か参加していて、まだ一度も伐採をしたことがなかった私たちは、今日は記念に絶対切るぞ!と意気込んでの参加です。
ill-001.jpg

朝九時半。桃花の里に集合し、そこから乗合いや自分の車で20分ほど先の現場へ向かいます。今回の現場は、去年の冬に伐採を行ったところのすぐ近く。ある程度伐採も進み、すっきりとした印象です。今回の伐採体験が終わり次第、葉枯らし後、出材になるとのこと。
DSC05967.jpg
これだけの木材をワイヤーで降ろして運んでいくところも、できれば見学してみたい!と主人。普段見ることのできない、ダイナミックな現場に興味津々です。

一組ずつ伐採体験がはじまり、最後の伐採予定だった私たちは、たき火に当たりながら順番を待ちます。このたき火も子どもたちにはめったにない体験。燃える楽しさにポイポイと投げ入れていくので、火の粉が飛んだり、煙が上がったり…見てるこっちはひやひや。でもこのような機会に火の怖さを知ることも大事。(山火事にならないように注意!ですが)注意やアドバイスを受けつつ、これもまた子どもたちには良い経験となりました。

そんなこんなで、いよいよ最後、私たちの順番が回ってきました!
斜面の一番下側にある大きな木を目の前に、まずは記念撮影。すると、匠の会の方が
「今日はこの子が誕生日伐採です!」
と言ってくださり、下から皆さんが「おめでとー!」「がんばれ〜!」と声援を送ってくれました。その声援にちょっと照れてしまった長女。もじもじしながら誕生日伐採スタートです(笑)

DSC06175.jpg DSC06206.jpg

チェーンソーのブイィィィン!!という音の大きさと機械の重さに少し躊躇しながらも、優しくサポートしていただき、作業をしていきます。木くずを吹き上げながら切っていく娘の姿に、成長を感じます。作業後は木くずだらけ(笑)。家族全員がチェーンソーを終えると、次は切り口を広げるためのくさびを打ち込んでいきます。斧の裏側でリズムよく、思いっきり叩くのですが、狙いを定めるのがなかなか難しい!!うまく当たると、「カーーーーン」と気持ちの良い音が山に響きます。そして木からミシミシと音が聞こえてきます。

最後にチェーンソーを少し入れてもらい、いよいよ倒木の瞬間です!!!

【つづく】
posted by 匠 at 20:58| 子育てママさんレポ